初来日となるERIC PRYDZを見に、初めてのZERO TOKYOへ。
何から書けばよいか分からないけど、とにかく素晴らしかった。
開催関係者の皆様には感謝してもしきれない。本当にありがとうございます。
ERIC PRYDZを見にイビサに二回行きましたが、これまでで一番だったかもしれない。
ERIC PRYDZは大きなフェスでのパフォーマンスと同様に演出してくれたし、ZERO TOKYOの可能性をとても感じました。

ERIC PRYDZが2:30~4:30の出演という事で2:00に会場に到着する感じで出発。
若い頃は、新宿CODEやリキッドルームや新宿CISCOがあったので良く新宿に行っていましたが、電車で行って、電車で帰ってたな。
IMG20230514013550
眠らない街ですね。
IMG20230514015554
IMG20230514015605
WARP SHINJUKUAさんが並んでました。
IMG20230514015908
初めてのZERO TOKYOへ。
ここにERIC PRYDZがいると思うと感慨深い。
IMG20230514020028
写真が若い。IMG20230514020035
お邪魔致します。
当日チケットの列ができていましたが、前売りを買っていたのでスムーズに入場。
IMG20230514020235
地下4階がメインフロアで、地下3階(サブフロア)、地下2階(BARフロア)の構成で、合計3つのフロア。
色々なジャンルが楽しめるのがageHaやWOMBっぽくて良いですね。
ZEPPの営業の時はどのようにフロアを使っているのか興味深い。
IMG20230514023958
ここはB3Fのフロア。
IMG20230514023805
そして、B4Fフロアへ。
このシルエットは紛れもなくERIC PRYDZ。
2018年のイビサ以来に見れてとても嬉しい。
IMG20230514025137
音も照明もしっかりしている。
IMG20230514032431
IMG20230514032432
IMG20230514032433
エリック~~!!!
IMG20230514032630
IMG20230514032736
スクリーンもとても綺麗。
画像2
IMG20230514032631
今年にイビサにHOLOを見に行く予定なのですが、今回が良すぎてIBIZAに行かなくてもいいかなという気がしてきました。
というぐらい本当に良かった。
IMG20230514040813_01
ステージの後方からでもステージが見える設計にしているんだと思います。
BARスペースからでもステージが見える設計になっていました。
IMG20230514035305
IMG20230514035308
IMG20230514035313
IMG20230514035317
IMG20230514035802
IMG20230514035905
IMG20230514035906
IMG20230514040052
お酒もとても良心的な金額。
ageHaが閉店してハイネケンが飲めなくなり、WOMBがハイネケンからアサヒビールに変わったので、ハイネケンが美味しく飲めるクラブはZERO TOKYOだけかも?
IMG20230514040259
ロッカー以外は現金が使えないので、ご注意下さい。
電子決済なので、少しお酒は並ぶ感じ。
ビールと水の自動販売機があると嬉しい。
IMG20230514040255
ERIC PRYDZさんをWIKIから拝借してご紹介。
-------------------------------
エリック・シェリダン・プライズ(Eric Sheridan Prydz、1976年7月19日 - )は、ストックホルム出身のDJ、プロデューサー。
現在は、カリフォルニアのロサンゼルスを活動の拠点としている。
別名義にCirez D、Prydaなどがある。 自身のレーベルPryda Recordings、Pryda FriendsおよびMousevilleを運営している。
deadmau5が評価しているプロデューサーの1人として有名。
あまり知られていないが、元々はSwedish House Mafiaのメンバーであり、現在もメンバー、特にSteve AngelloやSebastian Ingrossoと仲が良い。
-------------------------------
だそうです。
という事は、アクスウェルとは仲が悪いという事ですかね。
ロサンゼルスに在住ということは、イビサやイギリスには飛行機で行っているはずなので、飛行機嫌いなのではなく、他の要因があるのだろうか?
IMG20230514040847
1976年7月19日生まれなので、さる年、牡羊座六白金星、土星人+だと思います。
IMG20230514040848
IMG20230514040941
こちらはB3フロアのVIPだと思われます。
B3に行きましたが、ここが見つかりませんでした。B2なのかな?
IMG20230514040950
IMG20230514040951
IMG20230514041010
IMG20230514041131
IMG20230514041132
IMG20230514041200
IMG20230514041203
IMG20230514041204
イビサに来ているかと錯覚する感じもありました。
IMG20230514041543
IMG20230514041615
全く手を抜かずに、海外のビックフェスと同じパフォーマンスを行ってくれたと思います。
本当にありがたい。
IMG20230514041716
エリックありがとう~~!!!
IMG20230514041717
IMG20230514042007
ラスト2にOPUSをかけて、珍しくアンコールを一曲かけて終了。
ERICがアンコールってかなり珍しいのではないでしょうか。
ここ最近の海外フェスでの動画を見ても、アンコールしている記憶がない。
映像がブレていますが、動画があるのでよろしければどーぞ。
IMG20230514042330
IMG20230514044022
IMG20230514044023
IMG20230514044028
IMG20230514044029
左スピーカー。
IMG20230514044131
IMG20230514044133
右スピーカー。
IMG20230514044136
IMG20230514044140
まだオープンして間もないので、オペレーションも試行錯誤されているかと思いましたが音も照明もとても良かった。
ベースがLIVEハウスなので、PAもステージの向かいにあり、LIVEと違ってお客さんの出入りも多いので導線作りが難しいかもしれませんが、今後より良くなっていくと思います。
セキュリティーの方が、通路にいる方にフロアに入って下さ~い。って500回ぐらい大声で言ってたと思うので、疲れただろうな。

音も照明も良く、トイレも広く、逃げ場の階段も広々していて、とても良い箱だなと思いました。
個人的にはイベントの内容や集客に合わせて、メインフロアにあるVIPは無くても良い気がしました。
ただ、VIPの売上も大切なのでしょうがないですよね。

今回のERIC PRYDZの来日をきっかけに、日本でProgressive Houseが流行って欲しい。
ただ、日本ではProgressive Houseが中々流行らないんですよね。
曲を作るのが難しいし、滅茶苦茶盛り上がる感じでもないので、TechnoかEDMかTranceに寄っちゃう感じなのかなと思われます。
このTechnoとTranceの中間の感じがとても好きなんです。流行って欲しいな。

恐らく、今回のアジアツアーでアジアの雰囲気の良さを知ってもらえたと思うので、アメリカ、ヨーロッパのフェスの合間にアジアツアーを行ってもらえそうな気がします。
今回行けなかった方は、次回の来日の際は是非行かれてください。

ERIC PRYDZのHOLOが日本で見えるのであれば、ULTRA JAPANのRESISTANCEステージでは無いかと思います。
もしも今年のお台場でHOLOが見れるなら、SUNSHINE FESTIVALを途中で抜けるかもしれない。

Call on meのリリースが2004年。
20歳でCall on meを聞いた人が39歳。
30歳でCall on meを聞いた人が49歳。
40歳でCall on meを聞いた人が59歳。
若干年齢層が高く、音好きの大人が集まっていたのも良かったのかもしれない。

2014年にageHa、joule、X-hallで開催された、Eric Prydz主宰レーベル「PRYDA FRIENDS」に何でERIC PRYDZが来ないの?と思ってイビサに行き、それから9年越しでの開催。感慨深い。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。
是非、次回の来日も楽しみにしています。
個人的には、Tale of usも呼んでもらいたいです!

この二か月後にIBIZAのHi IBIZAに行って、HOLOを見てきてお話。

2018年にOPUSを聞きにIBIZAまで行ったのに、かけてくれなかったお話。Hi IBIZA編。

2015年にERIC PRYDZに会いに行ったら、リリース前のOPUSが聞けたお話。Amnesia編。

ってお話。